ホーム » 2012年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

「私自身=不快な現象や感情」という間違い

無空庵のセッションで無空さんにお話しを聞いてもらいました。
何だかスッキリ・・・・です。


私・・・
「マインドが上がってきた時、脈々と連鎖して思考が浮かぶのが、
うるさいなぁ・・・・と感じるんです。」



無空さん
「マインドが次々と出てきた時は心地がよくなく、
静かなときには気持ちがいいのは自然な反応ですね」


「マインドが賑やかなときもあるが、
それを必要以上に嫌がらないこと。
うるさいと思うこと自体は自然な反応。
外を歩いていても、いろんなうるさい音もありますからね~」


「うるさいなぁと自然に思ってくる思いに対しては、
それはもう全然構わないのですね。
ただ、必要以上に嫌がらず、うるさがらないといった感じです」


「どうしてもそっちのほうが(静かなほう)いいんだ!と
必要以上に強くなれば、
またマインドの世界になってしまいます」


「そのときそれにどれだけ、ただ気づいていられるかで、
どれだけ根っこから早く解消していけるかどうかということですね」



「まぁ、多少なりともそういうものが出てくれば巻き込まれますけどね、
そのなかでもどれだけ離れて気づいていれるか?
あるいは、巻き込まれながらも僅かな気づきを残して
気づいていられるかということですね」


「ただ気づいている。やっぱりただ気づいている。どれだけうるさくてもですね」


「掃除中はほこりが立つのは自然なことですからね」



「自分で勝手にマインド重ねている・・・もうやめようと思うんですけどね・・・・」


無空さん
「自分じゃないんですね。
マインドは自分のものにしています。
既にそこで巻き込まれているんですね。
ただ起こっている。
パターンがただ起こっているだけなんですね。
そこから離れるといいですね。
ただ近くで起こっている。
一番近いから自分のものにしがちですが」


「マインドは全部自分がやってるって・・・・。
私が・・・、あの人が・・・、
そうなると物語になってしまうんです」


「社会生活を送るにおいてはそういう認識は
(マインド的な認識)必要ではありますが、
ただ理解としては、ただ起こっている、
全ては全体の中でただ起こっているという状況があるだけです」


「通常の習慣で、私が~という個人が主体になってしまうのですね。
まぁ、習慣ですから、それにもただ気づいていればいいですね。
それも自然にでてくる。これも宇宙の中の自然な生産物でもあります」


「私がこれをしている、これはわたしのもの。
これも自然に出てくるものなので自然なものではありますが、
私が~ということに対して、ただ起こっているというふうに見れる、
そういう態度でいれるように練習していくわけです」


ある意味、確立するということは、そこから自由になるということですから


~~~~~~~~~~~☆~~~~~~~~~~~~


日常生活で不快だなぁ・・・・と感じることが起こってきたとき
どうにかして不快に感じないでいられるようにしようとしていました。
改めて話しを聞いてもらうと
その行為事態がとても不自然とうことがわかりました。


不快も自然現象として
ただ起こっていただけなんでした。


この「不快な現象や感情=私自身」という図式を
マインドが作り上げて定着、パターン化していました。

私=個人というふうにひとまとめのセットに押し込んでいた。
私は個人じゃなかった~


変わらない無限の意識そのもの、
雄大、広がり、優しさ・・・すべてが私でした


起こっては消える不快な現象や感情も
起こるべくして単純に起こっているだけなので


ただそれを認めて、離れて観る。
観照者の意識が私でした。

起こった感情や出来事が近過ぎて
本当の自分そのものと間違って、ごちゃまぜになっていた。



何度も聞いていたはずでしたが
今回はハタと腹に落ちた気がしました。




スポンサーサイト
タグ /

自分自身がより深まっていくことが周りの人への影響が大きい

無空庵のセッション冒頭で私の姪のお話しを聞いていただきました。
ちょうど4日間、法事等で実家に帰っていたため、
そのことが残っていました。


今もいろんな現れが起きています。
姪はもうすぐ27歳になります。


大学3年の時から引きこもったままです。
親も心配してるし困ってもいます。
でも・・・・・、
誰にも会わないまま
過食拒食とアルコール依存の繰り返しの中で
一番辛いのは姪かもしれません。


無空さんから
「自分自身がより深まっていくことが周りの人への影響が大きい。
それは離れていても伝わり影響を与える。
一緒にいることで直接的に伝わることもある」


「自分たちもパターンの中にはまっていて、
どうしたらよいかわからない。抜け出す方法がわからない。
そのパターンしか知らない。そこでもがいている。」


「そこに意識の光をあてると少しづつ変わっていく」


「自分自身がどうあるかということが何より大切」


「幸せになるのではなく、
幸せである。幸せそのものであるということに気づいていく」


お話しを聞いていて、改めて、常にどう在るか、
日常的に在るに意識を向けて、
在るそのものを思い出していく重要さを感じました。


私は通勤電車の中でボ~と空や景色を見ている時がとても好き・・・
在るをよく実感します。


昨日の帰りは、空がどこまでも広がっていって、
ハートが360度全方位全開といった感じがしました。

怒りの反応

仕事で相手の態度にムカついた。

「あんた!それはないやろう!!!!怒!!!」

その後、無空さんから随分前にいただいた言葉を思い出した。

無空さん・・・
「はい!!(満々の笑顔)、今はそこと繋がっておられるのですね(笑顔)」

一瞬にして、
「その通りだぁ・・・・・・・」
と思った。

意識を向けるところが活性化する。
それなら在るに意識を向けよう♪。
本当の自分自身。
愛そのものの自分自身に・・・。
タグ /

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。